テーマ:chkdsk

Windows10 chkdsk /rの完了%表示が進まない!

Windows10でのHDDのエラーチェック、チェックディスクは コマンドプロンプト管理者で、「chkdsk c: /r」を実行すると、PC再起動時の進捗状況の%が特定の数字から進まない!←でも兎に角放置しろ!と云うのが纏めです。 ただ、基本Windows8以降はチェックディスク(chkdsk)はOSが勝手にやってくれるので基本必要…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

Windows8のchkdsk、エラーチェックのメカニズム

Windows8のchkdsk /f実行で769個のインデックスがクリーンアップ!! Windows8ではHDDのプロパティツールのエラーチェックはいつも不要判定です。 そこでchkdsk /fを掛けたら769個のインデックスが削除とあってびっくりしました。 Chkdsk /fの実行速度も極端に速い。 そこで、Windows8の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HDDエラーチェックでファイルシステムの異常を修復した場合イベントビューアで不良セクタ有無を確認する

NTFSでは基本的に不良セクタは「0」で管理します。 ソフト的な回復であり特性が回復したり、キズが直る訳ではありません。 最近のPCは容量が大きく、ハードディスク(HDD)エラーチェックで「ファイルシステムエラーを自動的に修復する。」を実行してイベントビューアで不良セクタが「0」か否か確認します。 (Windows Vistaや7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows上でのCHKDSK によるハードディスク(HD)チェック

【前書き】 Windows上のコマンドプロンプトで「chkdk c:」によるバードディスク(HD)エラーを確認して、「改めて修復する」ことをお薦めします。 オプションを指定しないchkdskの実行では不良の有無の確認とchkdskの修復オプションの付け方を決めることができます。 また、読み取りモードであり、定期メンテナンスしてない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more