テーマ:HDD

元Windows7ユーザが知っておきたいWindows10の特徴と最近のHDD

知っている人は知っているのですが… 大きくOS的に数点、最近のHDDで数点の改善があります。 【Windows10の特徴】 1.chkdsk(HDDのエラーチェック)が大きく改善されている。 実行時間が各段位違うが基本chkdsk /f、chkdsk/rは実行しなくても、自動メンテしておけばスポット修復されるので意識する必要がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知っておきたいWindowsXpと7,8の違い

WindowsXpと上位OSの違いを認識しておくことは色んなPCが混在するオフィス環境では重要です。 細かいスペック論は不明点も多いですが覚えておいたほうがよいと思われることを列記します。 1.XpではUSBフラシュメモリやSDカードのNTFSを原則サポートしていない。 (抜け道はある) 2.Xp,SP3(Service Pac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不良セクタ回復はどれ位あるの?ハードディスクのS.M.A.R.T.ソフト

ハードディスクの健康診断をしてみましょう。 そろそろPCの寿命かなと気にしている人は確認しておいた方が無難です。 猛暑の続く中、小生のPCことJohn君は今日も扇風機だけで頑張っています。 ところで、今回紹介ソフトで今現在の小生のハードディスク(HDD)の温度は41℃です。 これって、思ったよりはるかに低い。 代替セクタによる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HDDエラーチェックでファイルシステムの異常を修復した場合イベントビューアで不良セクタ有無を確認する

NTFSでは基本的に不良セクタは「0」で管理します。 ソフト的な回復であり特性が回復したり、キズが直る訳ではありません。 最近のPCは容量が大きく、ハードディスク(HDD)エラーチェックで「ファイルシステムエラーを自動的に修復する。」を実行してイベントビューアで不良セクタが「0」か否か確認します。 (Windows Vistaや7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強制終了はハードディスクドライブ(HDD)を痛める(改訂版)!!

 強制終了はWindowsのフリーズの神様みたいに安易に使っている人が多い。しかし、そのリスクを理解している人は少ないように感じる。  端的に云えば本来非接触のメディアとヘッドが電源断により直接触れ、HDDのメディアやヘッドを痛めるからです。HDDは稼働中はフラッタが回転しその回転による浮力でヘッドが浮遊しています。電源断により回転が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows上でのCHKDSK によるハードディスク(HD)チェック

【前書き】 Windows上のコマンドプロンプトで「chkdk c:」によるバードディスク(HD)エラーを確認して、「改めて修復する」ことをお薦めします。 オプションを指定しないchkdskの実行では不良の有無の確認とchkdskの修復オプションの付け方を決めることができます。 また、読み取りモードであり、定期メンテナンスしてない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more