Uncle_JohnのPCの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Fly me to the moon」Verse付を英語で歌おう【発音の出来ない人向け】

<<   作成日時 : 2016/10/15 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日本人も数多くの人がカバーする名曲です。
日本ではエヴァンゲリオンのエンドロールでブレークした感じですね!
それまではJAZZシンガーがカバーしていましたね。
根強い人気のある一曲です。
和洋問わず、沢山の人がカバーしてるので発音の聞き比べにはもってこいです。
この曲に歌えるベースの「カナ」を振ってみました。
皆さんがよく知っている部分をコーラスといい、一部の人は前段階のさび、バース付の歌を歌っています。
今回、Verse付でリニューアルしてみました。
カラオケでバース無しのつもりが付いてきちゃった、でも歌えたらかっこいいかも!
前置きはもういいと言う方は【*1】へ
音にしない方が良いと思った閉鎖音などは( )で示してあります。
もし、発音できなければ、最初は意識する程度で音にせず歌ってみましょう。




本ブログ中で何故、カナ文字でそんな風に聞こえるのか?大変省略したように聞こえる方は私の以下のブログリンクを参照してください。
英語の発音講座を元に小生の経験を加えて何故そう聞こえるのか要点を纏めました。

英語の音楽を聴きとる・歌う(発音が出来ない人向け)
↓↓(以下のブログからこのブログを閲覧している人はパスして結構です)
http://uncle-johns-room.at.webry.info/201401/article_1.html




【発音のワンポイントヒント】
@'W'と頭文字'R'で始まる単語は円唇で日本語のホの様な唇から発音します。
Aスペルに'm'がある場合は完全に口を閉じ’ン’というか’ム’と発音します。
よって、スペルの最後に'm'があって母音から始まる単語が続くと’マミムメモ’に近くなることがあります。
Bスペル'n'は口を開いてその状態で舌先が上顎について鼻に抜いて’ン’と発音します。
よって、スペルの最後に'n'があって母音から始まる単語が続くと’ナニヌネノ’に近くなることがあります。
CダークL、ダークLとは基本母音の伴わない本来のLの音で、上あごの前歯の歯茎あたりに舌先をつけ「ウ」位に発音する音です。後続の綴りや単語に母音が着た時のみ明るいL、ライトLの音となり、日本語のラ行に近くなります。
D英(米)語はTがラ行になる傾向があります。(最近の米語は更にダ行化)
フラッピングと云われる現象です。(Lの「ラ」に近い)
【注意】発音に関する記載は最低限の注意で全ての発音要素は記載していません。




【*1】
【カナ表記におけるここだけの約束事】
幾つかの約束事をここに記載します。
@'TH'の発音は平仮名、さ、じ等とさ行、ざ行表記します。
上下前歯に軽くタッチさせるかもしくは軽く舌先を噛む感じです。
A'R'の発音は平仮名表記(right→らイト)、ラ行表記します。
'R'と'L'は'L'は上顎の前の方に舌先がくっつきますが'R'は円唇と言って口を丸めて舌先を後ろに反らして上顎には付きません。
'R'が単語の先頭の場合は円唇を意識しますが単語中であれば円唇にこだわらず舌先を意識してください。
B'F','V','PH','GH'は下唇に上前歯を軽く当てるか、軽く噛む感じです。
これも平仮名、ふ、ぶ等と表記します。
C発音記号の'ʃ'と's'は基本的に違う音です。
これを'ʃ'→シ、's'をスで表記します。
【正しい発音は専門家にご確認ください。】




【課題曲:Fly me to the moon (In other words)】
この曲は色んな人がカバーしています。
そして、YouTubeのリンクは結構、よく、途切れてしまいます。
半年もすればリンクは途切れるので…
YouTubeの検索で「Fly Me To The Moon」、或は歌詞つきであれば「Fly Me To The Moon Lyrics」で検索してください。
皆さんが知っている部分はJAZZでは「chorus」と言い、その前のさびみたいな部分は「ヴァース(Verse)」と言います。

【歌詞付】
(Verse付)
Utada Hikaru- Fly me to the moon (In other words)
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=-0zcc8CNcLc

Tony Bennett - Fly me to the moon ( with Lyrics)
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=kIrcxGdyUdk

(Verseなし)
Frank Sinatra - "Fly Me To The Moon" with Lyrics
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=5hxibHJOE5E

Doris Day - Fly me to the moon - with lyrics
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=V10nYSsaAtY

Fly Me To The Moon - Brenda Lee (歌詞付き)
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=b-iqj5ZpRAY

【歌詞なし】
(Verseなし)
Fly me to the moon (rei ayanami ) (EVANGELION)
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=u2RzHYo1erY

ボサノバが素敵な「小野リサ」さん
小野リサ Lisa Ono ~ Fly Me To The Moon
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=pXlQFVqu1IM

帰国子女で英語ネイティブなジャズシンガー
Karen Aoki - Fly Me To The Moon
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=d6Ka6QF_eeU

八代亜紀 − Fly Me To The Moon
↓↓(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=vNx315B1xoM

( )は閉鎖音で破裂しない、及び、ダークL、或は弱形発音で発音されているかいないか微妙な音などを指します。
最初は省いても良いですが、慣れたら、舌先の位置や口の形を意識して有声となっていない様な子音も発音しましょう。
【原曲で聴ける音をそのままカナ文字表記しています。よって必ずしも正しい発音ではありません】



この曲は色んな人がカバーしているので自分の好きな形でカナを振りました。
基本、宇多田ヒカルさんベースにしてみました。
正直言えば、大御所Tony BennettさんのYouTubeの方がピアノの伴奏があってVerse(ばース)の部分の音程とかは覚えやすい気がします。
聴くのなら哀愁を感じる宇多田さんの方が好きです。

【Verse】
Poets often use many words
ポエッツ オふン ユーズ メニ ワーズ
{ポエッツ オふニューズ メニ ワーズ}
To say a simple thing
トゥ スェイ ァ スィンプ(ル)しン(グ)
It takes thought and time  *
イッ テイクス そウラァン タイム
And rhyme to make a poem sing
アン らイム トゥ メイカ ポエム スィン(グ)
With music and words
ウィず ミュージッカン ワーヅ
I've been playing  *****     / I've been flying
アイ(ぶ)ビン プレイン(グ)    / アイ(ぶ)ビン ふらイイン(グ)
For you, I have written a song
ふォ ユ、アイ ハぶ りトゥナ ソン(グ)
To be sure that you'll know
トゥ ビ シュア ざッツュ(ル) ノー
What I'm saying, I'll translate
ホヮライム スェイイン(グ) アイル トらンスレイ(トゥ)
As I go along
アズ アイ ゴ アロン(グ)

【Chorus】
Fly me to the Moon and let me play among the stars.  **
ふライ ミ トゥ ざ ムーン アンレッ ミ プレイ アマン(グ) ざ スターズ
Won’t you Let me see what spring is like on Jupiter and Mars.  ***
ウォンチュ レッミ スィ ホァッ スプリン(グ) イズ ライクォン ジュピタ アンマウズ
{ウォンチュ レッミ スィ ホァッ スプリン(グ) イズ ライクォン ジュピラ アンマウズ}
In other words: Hold my hand.
イナざワーズ ホー(ルドゥ)マイハンズ
{イン アざーワーズ ホー(ルドゥ)マイハンズ}
In other words: Darling kiss me!
イナざワーズ ダーリン キスミー
Fill my heart with song and let me sing forever more.
ふィル マイハーッ ウィずソン アンレッミー スィン ふォればーモー
Cause you are all I long forall I worship and adore.
コーズ ユーアー オーライロン ふォ オーライワーシップ アン(ドゥ) アドーァ
{コーズ ユーアー オーライロン ふォ オーライワーシップ アンダァドーァ }
{コーズューアー オーライロン ふォ オーライワーシップ アナァドーァ }
In other words: Please be true.  ****
イナざワーズ プリーズビートるゥー
In other words: I love you.
イナざワーズ アイラびュー

In other words: Please be true.
イナざワーズ プリーズビートるゥー
In other words: I love you.
イン アざ ワーズ アイラびュー



まずは英語に親しむことが大事です。気にせず歌いましょう!
【分かる範囲で読み飛ばしても結構です。】

*It takes thought and time 
宇多田さんはフラッピングと連結[ ]で
though[t a]n(d) time→そウラァン タイム
Tonnyさんは、古き良き英語と言う感じのソウ(トゥ) アン タイム
宇多田さんはニューヨーク生まれでネイティブでしょ!崩している訳ではありません。
普通の米英人が「ラ」になります。水は「ヲラ」じゃないと通じない!
Tonyさんと宇多田さんは共にニューヨーク州生まれですね!

It takesの部分は「音の脱落」と言う現象が起きています。
脱落と言う言葉が良くありませんが**でもう少し説明しますが完全に落とさないで閉鎖までしっかり行います。
完全に落とすと→「イテイクス」←NG!
It の t で閉鎖し、taikes の発音に移行します。
すると→「イッ テイクス」

** let me play
let は「レッ(トゥ)」ですが、この場合次の単語にmeが来ています。
LetのTは単独では舌先を上顎の前歯の歯茎付近にタッチして閉鎖し、破裂して息で「トゥ」と息だけで発音します。
この場合、me があるので破裂するとmeが発音しにくくなるので閉鎖して破裂せず me の音の準備に入ります。
そうしないと日本人にありがちな「Let me」が「レットゥ ミ」→let to meと訳の分からない英語になってしまいます。

***like on Jupiter and Mars.
速いと「ライクォン」 という感じの方が多いのですが宇多田さんは「ライク オン」ですね!

****In other words
イン アざ ワーズ、イナざ ワーズ
どれも間違いではありません。 
I [n o]ther words→イナざ ワーズ
宇多田さんの場合両方ある気がします。場所によって
人によて色々あるので聞き比べてみてください。

*****I've been playing
I've been ここも音の脱落ではなく、この部分は、子音の連続、v と b が続いたと考えましょう!
v も b も省いてはいけません。
唇や前歯の動作がそうなるのですがカラオケだけ、もしくは慣れなければ"v"を最初は省いても良いでしょう。
慣れてきたら英語の発音を意識する人、学習者は完全に口を閉じる前に軽く上前歯の歯先を下唇に当てる動作を入れ"v"を入れます。
"v"は他の人から目に見えて下唇を噛む感じである必要はありません。裏と云うか、下前歯に普段接している下唇の部分付近に上前歯の歯先を当てて「ぶ」です。

beenは「ビーン」と発音すると強形発音となってしまいます。
beenの発音はケースにもよる可能性がありますが、殆どのケースで弱形発音の「ビン」で充分です。

-ngの発音
Verse部分はフレーズで"-ng"で一区切りの部分が多いですね!
「 rhyme 」、韻を踏んでます。←単語も覚えちゃいましょう!
途中にある場合、/ŋ/は次の音の関係で/n/に同化する場合がありますがフレーズの終わりの"thing"や"song","playing"は綺麗に発音する場合、/ŋ/になり鼻濁音で鼻に抜かして「ング」と発音します。
そこさえ意識すれば(グ)は気にしなくてもよいかと思います。

【英語の習慣に慣れる】
To say a simple thing
日本語では石碑、お土産のプレゼントや、アクセサリなど物に文字などが刻んであれば、
「なんて書いてある」
と尋ねます。でも英語では「なんて言ってるの」、「何を言っている」なんて聞き方をします。
"To say a simple thing"
は詩的な表現と言うより英語としては自然な表現です。
sayには「書いてある」と言う意味があります。

今日のキーフレーズ from おとなの基礎英語 Episode 048:What does it say?(何と書いてあるの?)
↓↓
http://english2014.blog.fc2.com/blog-entry-371.html




英語の歌は、適当に省略して歌えば良いのではなく、適宜に音が変化したり、都合上脱落したように聞こえているだけです。カタカナと言う道具を使っていますが、それでも元の英語を思い浮かべながら聞こえたそのままにコピーするつもりで歌っていくと英語の発音のメカニズムがつかめてきます。

最後まで、お付き合い下さり有難うございます。
それでは、又のご来読を!!






【カナ振り洋楽のブログの宣伝です】

英語の曲を歌おう【発音の出来ない人、初心者向け、発声学を出来るだけ加味したカナ表示】リンクインデックス
↓↓
http://uncle-johns-room.at.webry.info/201610/article_10.html

インデックス曲名紹介
(2017/09/07現在、以降は随時上記インデックスリンク先に追加) 
・The End of the World
・Superstar - Carpenters
・風に吹かれて「Blowin' In The Wind」
・Rhythm of the Rain「悲しき雨音」ザ・カスケーズ
・Fly me to the moon」Verse付
・Can't Take My Eyes Off You 「君の瞳に恋してる」
・Dancing Queen
・Copacabana - Barry Manilow
・Take Me Home Country Roads
・Leave it all to me
・Greensleeves
・Last Christmas(Wham/Taylor Swift)
・Winter Wonderland
・Romeo and Juliet '68挿入歌 What is a youth?
・La Bamba ラ・バンバ(英語じゃないけど)
the Beatles
・Girl
・I should have known better「恋する二人」
・If I fell(恋におちたら)
・And I Love Her
・Michelle
・HELP!
・Let it be



2016/10/15:英語の発音のまとめサイトからVerse付でリニューアルし独立させました。
誤字等あれば、或はカナ付けがこっちの方が良いとかあればドンドン訂正します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「Fly me to the moon」Verse付を英語で歌おう【発音の出来ない人向け】 Uncle_JohnのPCの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる