Uncle_JohnのPCの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS MERSが韓国で流行っているのは何故!?

<<   作成日時 : 2015/06/20 03:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

MERSが韓国で流行っている理由をネット検索しているとメンデルの法則に行きついてしまった。
韓国人遺伝子説が流行の理由も頷ける。
【これは、素人の仮説です】
中央日報の日本語版記事を見ていたら「メンデルの法則」に妙に符合する。
この説明は後述とします。
何故、MERSは韓国とサウジアラビアで目立って発生しているのか?
何故、WHOは6/17「緊急事態」を見送って、注意喚起だけで終わらせたのか?
サウジアラビアと韓国の間には沢山国もあるし…インドでもなく…東南アジアでもなく…なんで極東の韓国で流行るのか?
サウジアラビアはウィルスの大本が有るのである意味、仕方がない。しかし、韓国はどう考えてもおかしい。
もう、MERS騒ぎもひと月にはなるし、隔離対象者だったか海外旅行した人もいましたよね!対馬には検閲はあるとしてもドンドン観光に来ている。あんな管理で中国や周辺諸国、日本に発生しないのは絶対おかしい!!
共通点はひょっとして…
ヨーロッパで、近親婚で貴族の一族が滅びた例はあるが血が近いと多様性が無くなりある種の抗体がない等、リスクがある。

世界のMERSの発生件数
MERS CoV Confirmed cases snd deaths in Republic of Korea,***,
↓↓
http://www.who.int/csr/disease/coronavirus_infections/weekly-republic-of-korea-china-other-countries-saudi-arabia2015-06-16.png

このグラフから何故、サウジアラビアと韓国で流行るのかを調べるべき、中東にはラクダがいて抗体があるというのはどうだろうか?逆ではないか?サウジアラビアと韓国の共通点を探すべきでは?




先ずは、サウジアラビアから考える。
サウジアラビアの女性は身内の男性が付き添わなければ外出もままならないらしい。
アバヤと言う全身を身にまとうことも必要だ。
この様な状況で、まず、通常の恋愛による婚姻が望めるか?と言うと難がある。と私は思う。

===ウィキペディア「近親婚」から(2015/06/17現在)
>イスラム文化圏では、血縁の濃さを喜ぶ傾向、またムハンマドの第7夫人ザイナブがムハンマドの従妹であったことから、いとこ婚が多い。クルアーンに記述された、婚姻が禁じられた近親者の一覧の中にも、いとこは書かれていない。
===

日本でも「いとこ」から結婚は合法であり、そう言う国は欧州をはじめ少なくない。
しかし、それが繰り返されることは少ないと思う。
しかし、イスラムでは歓迎される。
クルアーン(コーラン)では血のつながりに関係なく、義理の親子でも近親婚は禁止されているものの、「いとこ」から近親者一覧になく、上記の様にむしろ歓迎されているらしい。


===同ウィキペディアの「インセスト」から(2015/06/17現在)
イラクの大統領サッダーム・フセインなどがいとこと結婚している。イラク戦争でアメリカ軍に射殺されたサッダーム・フセインの息子ウダイとクサイは、その結婚で生まれた子供であった
===




一方、韓国を見てみると李氏朝鮮時代に同民族でありながら約500年の間、身分制度、奴隷制が存在した。
賤民階級には主に「奴婢」(ぬひ)と「白丁」(ペクチョン)があり、他に仏教の僧たちも李氏朝鮮では、この階級に入る。
「奴婢」(ぬひ)と呼ばれる人たちは、人身売買の対象であり、主人の持ち物とされた。
「白丁」(ペクチョン)はさらにその下の階級で売り買いさえされず、人間以下の扱いで、住まいも職業も制限されている。

ここで、奴隷(どれい)制度の不幸を考えてみたい。我々日本人は奴隷制の経験がない。
そこで、アメリカに話を移すが昔、「ルーツ」と言うTV番組が数十年前に放送された。
アフリカから奴隷狩りに合い、奴隷船で米に連れてこられるところから始まるドラマの中に女性の奴隷が主人やその息子に凌辱されるシーンがあった。
実際、北米のアメリカでは白人と黒人のハーフでも当時は奴隷であり、黒人として扱われた。
アフリカ系米人がスポーツなどで活躍するのは白人と黒人の良いDNAを継いだからともいえる。
実際、アフリカの諸国がオリンピック金メダルを独占した話は聞かない。
少し、話がそれたが、この様に奴隷という立場では主人が好きに扱うというのが洋の東西を問わず起きる。




話を韓国に戻すが、李氏朝鮮は建国後、間もなく、儒教政治の体制の国になった。
儒教の教えでは、偉い人は体を使わないらしい。
両班(ヤンバン)と言う特権階級は頭を使い、他の地位の者が労働をする。
仏教の僧侶もこの賤民扱いである。
それが証拠に、仏像は対馬に流されたか、売られたか、そのまま李氏朝鮮下にあれば一部の寺院を除きそれらと同じに壊されていた、と思われる。

両班の私賤の奴婢(ぬひ)は場合によっては同主人系に何代も使えることになることが想像できる。この奴隷制度は1910年、日本に併合され身分制度廃止まで数百年も続いた。

奴隷(ぬひ)に限らず、奴隷(どれい)と言われる人々は、主人に凌辱される。
娘を宿せば、その娘が大きくなれば同じことが繰り返される。当然血が近くなる。

勿論、凌辱やインセストはDNAを元にした推測にすぎないが両班がどう言う振る舞いだったか?「イザベラ・バード『朝鮮紀行』」などで知ることができる。日本の、日本人の言うことが信用できないならこの辺んを調べると良いと思う。
他に「ヘンドリック・ハメル」「アレン・アイルランド」と言う西洋人の李氏朝鮮を見た記録がある。
「○○腹」との風習が近親者により、あったとのYouTubeなども目立つがここでは根拠のないものはなるべく触れないでおく。

ウィキペディア:両班
↓↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E7%8F%AD

中国は社会体制は支持しないがこの件は近い同じ文化圏でも賢い。
同じと言うよりメインの文化圏の明やそれ以前の中国では同じ姓(姓名の姓)の結婚は認められていないし、厳格に守る習慣があり現在でも同姓婚禁止は今も続いている。(清は如真族のヌルハチが建国した。後の満州民族に当たるので外したが他意は無い。清時代も同様だったと思う。)




韓国人にだけ存在する6万個のDNA、クラウド利用で発見(1)
↓↓
http://japanese.joins.com/article/611/143611.html?servcode=300&sectcode=330

ここに、興味深い数字がある。

高校あたりで「メンデルの法則」を習わなかったろうか?
優性の法則では25%の劣性遺伝が発生する。遺伝子の優劣ではなく、性質や形状などに目に見えて現れる優位性の問題で、劣性遺伝が特徴的に優秀な場合もあり得る。
詳しくはウィキにあるので「メンデルの法則」で参照をされたい。

ウィキペディア:メンデルの法則
↓↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

優勢遺伝子だけを持つ親と劣性遺伝子だけを持つ親との間では子供には劣性遺伝子は表面上、目に見えて現れないが孫の代以降、優勢遺伝子だけを親から受ける場合が25%で優勢遺伝子と劣性遺伝子を持つ場合が50%、劣性遺伝子を持つ場合が25%となる。ある意味、劣性遺伝子を持っている場合が75%あるということになる。
結果として劣性遺伝の特徴を目に見えて受け継ぐのは25%になる。

「韓国人にだけ存在する6万個のDNA、クラウド利用で発見(1)」
から
>20人のうち13人から共通して発見されたもので、韓国人特有の遺伝子変異と解釈される。

13/20≒3/4…母数が少ないのではっきりとは言えないがこれは劣性遺伝子を持つ値に近い。
(特徴や性質などの特徴が目に見えて、或は現れなくても劣性遺伝子を持っている者、25%+50%)
ここでは伺い知れないが、遺伝子変異は特有との記載があり、特定の遺伝子を指していると思われる。

>20人中6人から共通で発見された変異で、唐辛子の辛さの成分のカプサイシンによって活性化するたんぱく質と関連があることが明らかになった。この変異によって機能が変わったたんぱく質が辛い味を好む韓国人の食生活習慣を説明する端緒になると予想される。

6/20≒1/4…これはそのまま、優勢の法則で現れる劣性遺伝子の数字に近い。

韓国人のDNAでは抗体やら酵素などMERSに対応できないパターンがあるように思う。
もしくは、呼吸器系器官に何か遺伝的要因で発生しているか?
その大きな要因は、歴史的な悲劇によるものだと思われる。
半島にもアダムとイブが存在したか、主に閉ざされた環境で世代を重ねないと、このような数字には成り得ないと思われる。
メンデルの法則は二種類や三種類の種子で世代の割合を統計的に見たものなので近い環境が人間界に発生する可能性は低いはず。

人の場合、一親等「親子」間のインセストでないと現れない遺伝子のパターンを韓国人は特定の割合で有している、との話もある。
↓↓
(DNAの研究で米の研究者による)
あるサイトからコピー
(文献:The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution.
1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0)

(※2:上記文言は確かに胡散臭い面もある。例えば1995年頃はヒトゲノム解析が始まったばかり、DNAパーターンがどうのこうのには時期尚早、でも染色体とか遺伝子に関しては何処までパターンが云々全く言えない時期だったのであろうか?)

ちなみにメンデルの法則の劣性遺伝の割合(1/4)に近ければどんなに世代を重ねてもこの割合は変化しない。
ライダイハンやコピーノは積極的に韓国で引き取った方が良いと思う。

民族などのDNAは基本二種がベースではない。複数のアダムとイブが存在すれば世代を重ねれば、例えば、この民族に同数の別系統のカップル、人、民族が加われば25%がその半分、世代を重ねれば重ねるほど更にその半分と徐々に劣性遺伝子保有者は減るはずと私は思う。

言い方を変えると、何かの事情で「朝鮮民族全体がメンデルの法則の実験場」になったと考えれば25%の確率で劣性遺伝が表面にでる。と考えればお分かり頂けるであろうか!?

本来は蒙古襲来のおり、高麗が蒙古に従った。その時にも民族の交流が起こっているはず。
実際、李氏朝鮮の祖の李成桂は蒙古系とも如真族とも言われる。
しかし、現代において25%のキムチを処理する特別な遺伝子が存在すれば優性遺伝であれば、多民族にも起こってしかるべきであり既に可笑しい。25%であることも可笑しい。この遺伝子は劣性遺伝子と見るべきではないか?
民族特有でも何代か多民族と交わり、表にでる特徴なら優性遺伝、相対的に減少する特徴なら劣性遺伝である。
李氏朝鮮時代にDNAのリセット的行為、一親等のインセストが頻繁にあった、とみる方が自然である。

せっかく、このブログに立ち寄って貰ったので興味があればではあるが、李氏朝鮮や朝鮮近代史が大まかに理解できるYouTubeを紹介する。
興味があたらご覧ください。
ちなみに、崔基鎬(チェ・キホ)さんと言う日韓併合という著書を出された韓国の大学教授をされていた方の併合時代を知る歴史ねつ造は無いであろう方の解説です。
25分位です。時間がある時に是非、ご覧ください。
日本の朝鮮併合は、決して搾取的な植民地で無い事が分かります。

【朝鮮人が認めたがらない自国の歴史】
↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=x25QP6iewww




25%もキムチを特別の処理する能力があれば、劣性遺伝で25%の確率でMERSの抗体を持たない可能性があってもおかしくない。(キムチが優勢遺伝なら韓国特有では無いはず!!25%も可笑しい)

ある劣性遺伝子が25%で現れているならば、他の抗体なども25%の割合で劣性遺伝が現れても可笑しくない。

もし、この仮説が当たっていればピンポイントの周辺諸国の発生はありえるが韓国以外には北朝鮮を除き、そんなに広がらない。また、かかったからと言って、周辺諸国の人がその様な境遇とも限らない。自然界でも起こりうる変異であると思われる。ただ、割合の絶対値が大きいのはおかしいというだけである。

2015/6/19現在、韓国での感染者:166人、死者:24人

とは言っても、高年齢で既往症を持つ人のMERS感染後の犠牲者が多いので私を含め特に、高年齢者は注意すべきである。
いずれにせよ、もし、感染が韓国で爆発的になった場合で、且つ北朝鮮を除き他の国に大きく拡散しない場合WHOは何らかのもう少し踏み込んだコメントをせざるを得ないと思われる。

こんな仮説が当たってしまえば韓国も立場が無いし、今でさえ、ナリフリ構わない歴史認識の問題や領土問題が加速してしまうかもしれない。今後の韓国政府の封じ込めに期待しよう!!

下のURLの様に徐々に公開している節もある。

ラクダに接する中東人にある抗体が韓国人にない...軽い接触でも感染
↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150616-00021017-hankyoreh-kr

最初の韓国人は中東人ではなく、ラクダに合いに行ったらしい!
切り口が変、中東人と韓国人に抗体を持たない人が一定割合で存在する、と説くのが普通かと…




※1
【日経2015/10/28】
韓国、MERSの死者37人に
↓↓
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM25H0M_V21C15A0FF8000/

【朝鮮日報2015/10/25】
MERS感染者1人死亡 死者37人に=韓国
↓↓
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/25/2015102501001.html

MERS治療のため肺移植?余計悪くなったのでは?と勘繰りたくなります。
拒絶反応のリスクの方が高いと思うが…
DNAが近い人が多いので他国より高い確率でドナーは居るかも…

【朝鮮日報2015/10/29】
正式なMERS終息宣言 先送りを決定=韓国
↓↓
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/29/2015102902402.html





なお、誹謗中傷の類はコメントとして受け付けません。
表現的にどうか?と言う話は賜り、必要があれば訂正、削除します。
MERSの韓国で流行る理由やこの考察をどう考えるかのご意見も伺います。
なお、この書き込みは場合によっては削除します。

2015年6月20日 初稿につき誤記等訂正します。
※1:2015/11/13 MERS 追加情報
※2:1016/11/14 文献に関する追記

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MERSが韓国で流行っているのは何故!? Uncle_JohnのPCの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる