Uncle_JohnのPCの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS Dancing Queenを英語に近付けて歌う!【発音が出来ない人向】

<<   作成日時 : 2014/02/12 20:01   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

今回、ABBAのDancing Queenにカナを振ってみました。
前置きはもういいと言う方は【*1】へ
カタカナ英語で育ってしまった小生は若い時に英語の歌を良く聴き、口ずさみました。
小生の様に随分以前、何十年も前に英語を学んだ人にはいきなり発音記号では難しいのでカナ文字で記載します。
発音的には正確ではありませんが、英語を聴きとる練習にはなるでしょう。
小生は正確に聴きとれない部分も何年も口ずさみ英語のLyrics(英歌詞)を見ながら口ずさんでいるうちに正確に聞き取れるようになりました。
勿論、極端に早口だったりすると未だに聞き取れないケースもあります。
しかし、一つ歌って、聞き取れるようになれば日常英会話の聴きとりは楽です。
小生は某教育TVの基礎的なセンテンスの聴きとりなど比較的楽に出来、発音も真似てリピート出来ます。
小生は後日、某教育TVの発音などで復習したので返ってカナ文字は邪魔に感じます。
ヒアリングは何とか出来る感じなのですがボキャが無くて英語そのものが理解できません。(笑)
今はボキャや熟語、慣用句を増やす努力をしています。
後半に発音解説を追加しました。




本ブログ中で何故、カナ文字でそんな風に聞こえるのか?大変省略したように聞こえる方は小生の以下のブログリンクを参照してください。
英語の発音講座を元に小生の経験を加えて何故そう聞こえるのか要点を纏めました。

英語の音楽を聴きとる・歌う(発音が出来ない人向け)
↓↓(以下のブログからこのブログを閲覧している人はパスして結構です)
http://uncle-johns-room.at.webry.info/201401/article_1.html

===【発音のワンポイントヒント】
@'W'は'R'よりももっと円唇をより小さくしホの様な唇から発音します。
Aスペルに'm'がある場合は完全に口を閉じ’ン’というか’ム’と発音します。
よって、スペルの最後に'm'があって母音から始まる単語が続くと’マミムメモ’に近くなることがあります。
Bスペル'n'は口を開いてその状態で舌先が上顎について鼻に抜いて’ン’と発音します。
よって、スペルの最後に'n'があって母音から始まる単語が続くと’ナニヌネノ’に近くなることがあります。
【注意】発音に関する記載は最低限の注意で全ての発音要素は記載していません。
===

【*1】
【カナ文字は英語の正確な発音ではありません】

===【カナ表記におけるここだけの約束事】
幾つかの約束事をここに記載します。
@'TH'の発音は平仮名、さ、じ等と表記します。
上下前歯に軽く舌先をタッチさせるかもしくは軽く舌先を挟む感じです。
A'R'の発音は平仮名表記(right→らイト)します。
'R'と'L'は'L'は上顎の前の方に舌先がくっつきますが'R'は円唇と言って口を丸めて舌先を後ろに反らして上顎には付きません。
(Rは単語頭にある時のみ円唇です。単語の中にある場合等は舌の形のみ残ります。)
B'F','V','PH','GH'は下唇に上前歯を軽く当てるか、軽く噛む感じです。
これも平仮名、ふ、ぶ等と表記します。
C発音記号の'ʃ'と's'は基本的に違う音です。
これを'ʃ'→シ、's'をスで表記します。
【正しい発音は専門家にご確認ください。】
【注意】発音に関する記載は最低限の注意で全ての発音要素は記載していません。
===

他、厳密には色々ありますが取りあえず小生は'R'と'L'と'TH'を区別して発音してカラオケしていただけでも外人にベラベラと話しかけれれた経験があります。
その辺りから発音にハマって特に意識して発音するようになりました。
皆さんも何処かの段階でしっかり発音を強制、復習してください。

通常の洋楽は三人称などheとsheやhisとherを歌い手のボーカルの性がかわれば入れ替えます。
この曲はKingとQueenを入れ替えるのかな?と思いますがややこしくなるのでそのまま歌っています。




【課題曲:ABBA - Dancing Queen】

ABBA - Dancing Queen [Lyrics] .
↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=G8O79uP0JmM

ABBA - Dancing Queen (Winth Lyrics)
↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=3ij_pUtJJrw

誤記などあると思われますので予告なく原曲に合わせてドンドン訂正します。

【カナ文字は英語の正確な発音ではありません】
【かなり、乱暴で音にならない子音部分など存在します】
【原曲ベースのカナの振り付けです】
( )は意識する位でカタカナの音にせず、実際は口の形や舌の位置を意識する位にします。
正確には母音の伴わない子音を指します。
====
You can dance, you can jive, having the time of your life   *
ユーキャンダンス、ユーキャンジャアぶ、ハぶィンざ タイムァぶユアライふ
See that girl, watch that scene, diggin' the dancing queen   * **
スィーざッ(トゥ)ガール、ウッチ ざァッ スィーン、ディギン ざ ダンスィンクイーン

Friday night and the lights are low
ふらイデナイタン ざ ライツァロー
Looking out for the place to go   **
ルッキナウ(トゥ)ふォー ざ プレイストゥゴー
Where they play the right music, getting in the swing   *
ウェア ぜィ プレイざ らイ(トゥ)ミュージック、ゲッティ(ギ)ン ざ スィン
You come in to look for a king   *
ユーカミントゥ ルックふォらキング
Anybody could be that guy
エニバディ クッ(ドゥ)ビー ざッツガーイ
Night is young and the music's high   *
ナイティズ ヤングァン ざ ミュージックス ハーイ
With a bit of rock music, everything is fine
ウィざ ビロォぶ ろックミュジック、エぶリしング ィズ ふァイン
You're in the mood for a dance
ユアーイン ざ ムードゥふォ アダンス
And when you get the chance...
アンウェン ユーゲッ ざ チアーャンス

You are the dancing queen, young and sweet, only seventeen
ユーアーざダンスゥンクイーン、ヤンガァンスートゥ、オンリーセぶンティーン
Dancing queen, feel the beat from the tambourine
ダンスィンクイーン、ふィ―ル ざ ビートゥふロム ざ タンムボーりーン
You can dance, you can jive, having the time of your life
ユーキャンダンス、ユーキャンジャアぶ、ハぶィン ざ タイムァぶユアライふ
See that girl, watch that scene, diggin' the dancing queen
スィーざッ(トゥ)ガール、ウッチざァッスィーン、ディギン ざ ダンスィンクイーン

You're a teaser, you turn 'em on
ユーアァティァーズ、ユーターンエモン
Leave them burning and then you're gone
リーぶ ぜ(ム)バーニングァン ぜン ユアガーン
Looking out for another, anyone will do
ルッキンアウ(トゥ) ふァらナざ、 エ二ワンウィルドゥ
You're in the mood for a dance
ユアーイン ざ ムードゥ ふォア ダンス
And when you get the chance...
アン フェンユー ゲッ ざ チアーャンス

You are the dancing queen, young and sweet, only seventeen
ユーアーざダンスゥンクイーン、ヤンガァンスートゥ、オンリーセぶンティーン
Dancing queen, feel the beat from the tambourine
ダンスィンクイーン、ふィ―ル ざ ビートゥ ふロム ざ タンムボーりーン
You can dance, you can jive, having the time of your life
ユーキャン ダンス、ユーキャン ジャアぶ、ハぶィン ざ タイムァぶ ユアライふ
See that girl, watch that scene, diggin' the dancing queen
スィーざッ(トゥ)ガール、ウッチ ざァッ スィーン、ディギン ざ ダンスィン クイーン




【まずは気にせず親しんでください】
【発音を気にする方はご参考に】

この曲では-ngが末尾につく音について説明します。
単語で-ngとなるものと進行形で-ingとなるものがあります。
進行形ではしばしば/g/が抜けて音が/ŋ/から/n/に変化するケースがあります。
この曲は混在しています。

*:having / getting / king / young / dancing
king、youngは単語なので「ング」と言う音進行形でもなく意味がある音なので"g"は抜けることはありません。
唾をのみ込むとき、舌の奥の付け根の方の部分が口の奥を一瞬塞ぐ感じになると思います。
その要領で奥の方の舌を膨らまして喉の入り口をふさぐような感じで「ング」と発音します。
進行形"-ing"はこの曲ではこのタイプで歌っている部分と、(g)を抜いた音(**で説明)の両方が混在します。
dancing queenは前者で「ング」と言う音とクイーンのクがくっ付いて「ダンスィンクイーン」となっていますが種類としては「ング」の発音で握った音がクイーンにくっ付いて「グ」の音は実質消えますが舌の形等は残り、音が消える感じです。続けて「クイーン」と発音します。
ダンシン(グ)クーンで(グ)を音にしない感じです。
現象としては音の脱落の部類ですが完全に抜くのではなく、音になってない「グ」が存在しているのでほんの少し間があります。

**: diggin' the / Looking out
diggin' = diggingを明示的に(g)を省略しましたと言う事なのですが、音も N/n/ に変化しています。
一種の音の同化です。この表記は歌詞などで解く使われますは「-ing」表記でも/g/を抜かすことも有ります。
ちょっと理由が有って、次の音が"the"なので舌先が間に合わないので/g/ が抜けて"-ng"の音が"n"の音になっています。/n/の音は口が適度に開いて舌先が上前歯の歯茎あたりにタッチして歯にタッチしない、「ン」と発音するのが正しいNの音なのですが、後続がthで上下前歯を少し開けてそこに舌先を入れて塞ぐ感じ、舌先を噛んだようにも見えるthの音が来ていますので例外的に、上前歯の裏に舌先がタッチして「ン」でも発音しても良いケースです。

Looking out この音は原曲を聞く限り
ルッキナウ(トゥ)
に聴こえます。 *の発音ではルッキンガウ(トゥ)ですがABBAは(g)を抜いたLookin' outで歌っていて
Looki[n' o]ut=「ルッキナウ(トゥ)」になっています。/ŋ/が/n/に変化しないと出せない音です。
この場合は基本系は上前歯の裏に舌先はタッチさせてはいけません。上顎前歯歯茎あたりにタッチするので後続の"out"とくっ付いて「ナ」の音になっています。[ ]の部分が連結しています。

この様に、英語の発音は難しいのですが時々発音し易い様に音が変わったり"th"が後ろに来たら舌先が動きやすい様に前歯の裏にタッチしてもOKだったりします。




【カナ振り洋楽のブログの宣伝です】

英語の曲を歌おう【発音の出来ない人、初心者向け、発声学を出来るだけ加味したカナ表示】リンクインデックス
↓↓
http://uncle-johns-room.at.webry.info/201610/article_10.html

インデックス曲名紹介
(2017/09/07現在、以降は随時上記インデックスリンク先に追加) 
・The End of the World
・Superstar - Carpenters
・風に吹かれて「Blowin' In The Wind」
・Rhythm of the Rain「悲しき雨音」ザ・カスケーズ
・Fly me to the moon」Verse付
・Can't Take My Eyes Off You 「君の瞳に恋してる」
・Dancing Queen
・Copacabana - Barry Manilow
・Take Me Home Country Roads
・Leave it all to me
・Greensleeves
・Last Christmas(Wham/Taylor Swift)
・Winter Wonderland
・Romeo and Juliet '68挿入歌 What is a youth?
・La Bamba ラ・バンバ(英語じゃないけど)
the Beatles
・Girl
・I should have known better「恋する二人」
・If I fell(恋におちたら)
・And I Love Her
・Michelle
・HELP!
・Let it be


2014/02/12 初稿に付き予告なく誤記訂正等します。
2017/09/19 発音解説追加

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dancing Queenを英語に近付けて歌う!【発音が出来ない人向】 Uncle_JohnのPCの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる